情熱大陸で見た加藤関一のふじようちえん立川の口コミ評判が知りたい!

更新日:

Pocket

自分だったら、1日中走っているかも?そんなステキな外観の幼稚園

ふじようちえん 評判

「まるで公園みたいで楽しそ〜!!」

まるで今現在建築している、東京オリンピックスタジアムのような形をした幼稚園。

これは立川にある日本一有名なふじようちえんで、2016年7月24日の情熱大陸にふじようちえんの加藤積一園長先生が出演されました。

こんな幼稚園が日本にあったんですね。びっくり!
しかも日本一有名なのに全然わたし知りませんでしたよ(汗)

なんでも、ここに入園させたくて、近所に引っ越してくる人も多く、倍率もかなり高い?とか。
しかし、そこまでして入園させるほどのメリットが本当にあるのでしょうか?

 

ふじようちえんの場所は東京都

ふじようちえんの所在地は

住  所:東京都立川市上砂町2-7-1
電話番号:042-536-4413

最寄駅が西武拝島線武蔵砂川駅で、幼稚園までは大人徒歩10分。JRの最寄り駅はないです。
東京都立川市の昭和記念公園のそばですかね。

この建物のデザインはセブンイレブンやユニクロや楽天のロゴデザインを出掛けた佐藤可士和さんがディレクターし、建築家:手塚貴晴・手塚由比(手塚 建築研究所)により設計されたものです。

なんでも、「建物自体が子どもが育つ道具」というコンセプトらしく、屋根は1周180メートルのドタバタ走れるドーナツ型テラスになっており、いつでも誰かしら屋根で走っている子がいるとか^^

そりゃ〜、こんな建物だったら、子どもは嬉しくてはしゃいじゃいますよね。親の方も絶対はしゃぎたくてウズウズしているはずですから^^

 

ふじようちえんの口コミ・評判【メリットは?】

情熱大陸 ふじようちえん

Sponsored Link
    • 英語の授業があってビックリ!
      「英語を話せるようになってしまうクラス」が2010年より開始。ネイティブの先生が、週一回英語の授業をしていて本格的です。勉強としてでなく、楽しく小さいうちから母国語みたいに学べるのは絶対に将来のメリットになると思います。

 

    • わんぱくで健康的に育ってほしい!
      座学としての勉強はほとんどありません。園内の木に登ったり、屋上テラスで走り周ったり、ブランコしたり・・・と自由奔放です。
      先生曰く、他の園児の3倍近く自然に運動しているみたいです。とにかく元気に健康に育ってほしいです。

 

    • ポニーがいたり、野菜の栽培など自然に触れる
      園内にポニーうさぎ・あひるがいます。子どもは身近にこういう動物と触れ合えるのでとてもうれしそう。
      また、大根やじゃがいもなど野菜を育て収穫し、調理したりとてもたくましく育っています。将来、料理とかバーベキューとか卒なくこなせるようになりますね。

 

    • 給食の食材も安心です
      この幼稚園では独自に畑や食材の放射性物質検査を行っていて、その報告を逐一伝えてくれるので、安心して子どもに食べさせられます。ここまでやっている所って他にないと思いますよ。

 

    • 木製の建物が落ち着く
      ウッドデッキや木目の多い内装でとても落ち着きがあります。日常的に自然に触れられるのは子どもにとってもプラスになると思います。建物自体もいくつもの賞を受賞しているだけあって、中に入ると親の私もワクワクしてきます。

 

    • 願書受付で徹夜しないですみます
      入園の願書のために前日に徹夜で並ぶということをしないですのでとても助かりました。とにかく、入園前から、プレスクール(親子教室)に登録して、親しんでおいてよかったです^^

 

  • 親同士の交流も感じがイイ
    立川では少し料金が高めの設定ですが、まわりの親御さんたちもセレブぽくなく(ごめんなさい)、あまり気取った感じの人がいないので親同士の交流もしやすいです。

 

ふじようちえんの口コミ・評判【デメリットは?】

  • 外観のデザインがよく評価されていますが、闘技場や競馬場みたいでチョット・・・と感じている親御さんもいらっしゃるようです。
  • 英才教育をさせたいなら、この幼稚園は合わないと思います。

 

テレビ放送で倍率がますます激化・・・かな?

情熱大陸 加藤積一

あまり致命的なデメリットの声もなく、今現在ではかなり高評価のふじようちえん。

加藤関一園長先生のモンテッソーリ教育が浸透しているのでしょう。

モンテッソーリ教育とは「子どもは、自らを成長発達させる力をもって生まれてくる。大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」と言う考え方にあります。つまり"自分での気づき"を大切にし、自立心が育つことを主眼としています。 "Help me, Do it myself."「私が自分でできるように・・・手伝って!!」その子らしさを大切にするお手伝い・・・の気持ちを常に意識して、子ども達との距離を保っています。」
出典:ふじようちえん

ここで育った子供たちは、十分な運動量で強いカラダにそだち英語も母国語のようにしゃべれるようになり野菜を育て調理できるようになる、かなり人間力の高い大人に育つんじゃないでしょうか?

23区ないにもこれだけの面積と自然のある幼稚園ができるといいんですけどね。そうなると倍率がとんでもなくなっちゃいますね^^

 

Sponsored Link

-生活
-, ,

Copyright© コスモプレス , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.