安倍・トランプのゴルフ会談?贈呈クラブのモデルと価格をチェック。鼻血でそう

更新日:

Pocket

安倍 トランプ ゴルフ
2016年11月17日に安倍晋三首相(62)とドナルド・トランプ次期大統領(70)がニューヨークのトランプタワーで約90分間の初会談。
トランプ氏が次期大統領に決まってはじめての、外国のトップとの会談ということで全世界が注目していました。

みんなトランプが日本の首相にどんなこと言うのか?興味津々なんですね^^

  • 失礼なこと言うのか?
  • 強気なこと言うのか?
  • けっこういいこと言うのか?

まるで、ジャイアンの優しい一面がみたいかのような感じなのでしょうか?
実はこの会談で、両者は贈り物を交換しているのですが、なんと両者とも選んだのがゴルフ用品です。

トランプ氏はゴルフシャツを、首相はドライバーを。

シャツはともかく、ドライバーがとても気になりましたので、そのドライバーがどこのクラブで、いくらなのか?を調べてみました。

[ad#1]

イ・ボミも契約しているあの国産メーカーの最高級ドライバーを贈る

安倍首相が贈ったのは、イ・ボミ谷原秀人が契約している、本間ゴルフのドライバーでした!

気になるモデルは・・・
BERES(ベレス)S-05 ドライバー
そして、そのシリーズの最高級品の 5Sグレード です。

現在グレードは4種類あって、

  • 2Sグレード・・・約90,000円
  • 3Sグレード・・・約120,000円
  • 4Sグレード・・・約200,000円

で、今回贈った商品である5Sグレードは

  • 5Sグレード・・・約500,000円

ブブゥ〜・・・・鼻血がでそうな金額です!!

でもこれで、外交がスムーズにいくなら安いものでしょうね。
このベレスというドライバーは、飛距離重視をコンセプトに作られたモデルです。
とくにボールを捕まえることのできないスライサーに向いているらしいですね。

これで本当に飛ぶのならば、飛距離で悩んでいるお父さんや知り合いにも教えてあげたい・・・

Sponsored Link

[ad#2]

外務省、がんばった? 八重洲で本間のクラブを調達する

安倍首相とトランプ氏の会談は急遽決まったもので、お土産はゴルフ用品にすることはすぐに決まっていたらしいのだが、何がいいのかわからない。

そこでクラブを探しに、外務省の職員東京八重洲本間ゴルフに来店。
そこで、この金色に輝く1本のクラブを見つけたそうです。

通常5Sグレードは、お客と本間ゴルフスタッフが綿密な打ち合わせを行ってクラブを組み立てる、フルーオーダーシステムのクラブなのです。

八重洲の店舗には、そのオーダー例として1本だけ飾られていました。
今回はそれを外務省が購入した・・・という経緯(いきさつ)らしいですね^^

 

トランプ氏はゴルフが上手?

安倍 トランプ ゴルフ

トランプ氏に飛距離重視のドライバーを贈ったけど、彼の腕前は?

調べてみるとかなりうまく、ハンデキャップ3だそうです。
これは、聖闘士星矢で例えると、黄金聖闘士(ゴールドセイント)クラスですね。
しかも、かなり上位の!!

って余計わかりづらかったでしょうか^^
多才なトランプ氏は、ゴルフコースも経営しており、その数はアメリカをはじめ、ヨーロッパ各国やドバイを含め、約20個ほどだそうです。

また、米国ツアーでもトランプ経営のコースが選ばれていたりしますが、来年以降は、もっとトランプ経営のコースが選ばれるのではないか?というゴルフ関係者の声も多いそうです。

彼は息子や娘にもゴルフをやらせたりと、かなりゴルフは大好きらしいですね。
まぁ、ゴルフはビジネスには欠かせないアイテムの一つでもありますからね。

 

それにしても本間ゴルフのこの最高級ドライバー。普通の人では到底買おうとも思いませんし、買ったとしても練習場やゴルフ場で盗まれるか心配になりそうですよね。
いや、そんなことで心配するような人はもともと手にしてはいけないのかもしれませんが(汗)

ボクなら気がきじゃないですよ。こんな高価なクラブを持っていたら(笑)

[ad#3]

Sponsored Link

-人物
-, , , , , ,

Copyright© コスモプレス , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.