シン・ゴジラのネタバレ(3)ストーリー評価です!どうすんの?なラストと個人的感想

更新日:

Pocket

シン・ゴジラ ネタバレ

シン・ゴジラのネタバレ(1)ストーリー評価です!閲覧は自己責任でお願いします!
シン・ゴジラのネタバレ(2)ストーリー評価です 絶望感が半端ない中盤が最高潮!!

↑こちらの続きです。

なるべくオブラートに包んだ評価・感想を書くつもりです。が、ネタバレ読みたくない方は、退避お願いいたしますm(_ _)m


ここまで読んでくれた方はネタバレがあってもいいんですね?

では、映画ラストまでサラッと行きます!

Sponsored Link

リアルっぽい、ゴジラを倒すために人間の英知を結集!でも、お子様は多分寝ちゃうよ

さんざん暴れまわったゴジラは、エネルギーを使い果たしてビル街のど真ん中で眠ってしまいました。ウチのぼうずみたいです^^

政府機能は麻痺状態で、代理の政府が立ち上がります。なんか頼りなさそうです(汗)そんな中、ゴジラに対して国連安保理で核攻撃をすることに決まり、代理政府はそれを受け入れることに・・・

この映画は政府内の人間たちがメインなので、かなりリアル感があります。若き政治家たちのゴジラという災害との苦闘を描いたサスペンスドラマとしてみるのもアリです。

核なんて使われたら、東京はもうメチャクチャです。なので、違う方法でゴジラを倒そうと考えます。

中略)・・・そしてなんか色々と思案した中で血液凝固剤を使えば、ゴジラの活動を止められるという結論にいたります。

今までのように倒す!のではなく、活動を停止させる!という発想なんでしょうね。

そしてついに、核攻撃が開始される前に、人類総出で作成された血液凝固剤が完成!満を持して人間によるゴジラへの反撃が開始されます!

大人からみるとここいら辺も見どころあると思うのですが、子どもからしたらゴジラは寝ていて動かないし、難しい言葉がガンガン飛び交っているので退屈で寝ちゃうんじゃないでしょうかね?まぁ、今はそれでいい・・・しかし、大人になってからこの映画の面白みをわかってくれたまえ!

 

人類の反撃!でも中盤ほどの盛り上がりはナッシング!最後は迷惑な置物に・・・

攻撃は寝ているゴジラにトコトン物量で攻めて攻めて、また体力を奪うこと!

Sponsored Link

無人の戦闘機で攻撃を開始して、エネルギーがだいぶ貯まっていた寝起きのゴジラは、またイデオン攻撃でドンドン飛行機を落としまくります。対空戦闘能力がかなり高いです。

そして無人の在来線をぶつけて足を攻撃!まさか、怪獣映画やウルトラマンシリーズでいつも、ポイ捨てされていた雑魚キャラ?の電車たちが武器となってゴジラを攻撃する日がくるとは・・・胸熱です!

そして、ゴジラより大きなビルを、ゴジラの方向へ倒れるようにミサイルを打ってダメージを与えます。作戦担当した主人公の若手政治家はかなりの策士です。ビルが倒壊してゴジラにぶち当たるCGは圧巻でもあり、映画見ながら思わず笑っちゃいました^^

そして、ゴジラを転倒させると、お口にポンプ車みたいなのが群がって、血液凝固剤をストローのように飲ませる、飲ませる・・・

ゴジラがたまらず、立ち上がるとまた攻撃して転ばして、飲ませる飲ませる・・・(笑)

起こったゴジラはまたも立ち上がり、口からビームだそうとするも・・・全身凍って固まってしまいました。

シンゴジラ ストーリー

作戦終了!人類の、日本人の勝利です!!!なのですが、この100メートル以上の置物はどうするの・・・?劇中ではゴジラとの共存というセリフがありました。多分、日本はゴジラを広島原爆ドームと同じ、このまま負の遺産としていくのでしょう。

映画終盤の戦闘シーンは昼間なので、ゴジラによる恐怖感はありません。それに、人間側が自信満々で作戦を実行していて不安がないので、見ていてコチラも安心感があります。なので、個人的には盛り上がりに欠けました(* ̄ω ̄)

倒し方もストローでチュウチュウなのでちょっと、地味な感じもしますし。ゴジラを止める落とし所としてはいいのでしょうが、映像的にはクライマックスとして、中盤の大破壊以上のものを期待していただけにちょい物足りなさも正直感じましたね。

しかし、若き政治家のドラマとしてみると、希望が残りとてもいい終わり方でしたよ。

ちなみに、エンドロール後に何か不気味な映像が流れるかなぁ・・・なんて期待していたのですが何もありません!エンドロール見るの嫌いな人はさっさと劇場をでても大丈夫ですよ(o′▽`o)ノ゙゚

 

Sponsored Link

-エンタメ
-, ,

Copyright© コスモプレス , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.