簡単シンプルなのにピカピカ!キッチンの大掃除を効率よくやる順番とは?

投稿日:

Pocket

キッチン 大掃除 順番

家の中で最も汚れやすい場所、キッチン。年末の大掃除には徹底的にすっきりさせたいものですよね。

しかし、キッチンは毎日どこよりも酷使する場所ですから、汚れをためこんでしまうと一体どこから手をつけていいのか・・・?という状態になってしまいます。

ここでは、面倒なキッチンの大掃除を効率よく、しかもシンプルに終わらせるための順番や手順を、お掃除の達人から聞いてきたのでシェアしたいと思います!

Sponsored Link

まず最初に取り組む場所とは?

キッチン 大掃除 順番

キッチンのお掃除でまず一番最初に取り掛かるべきは、換気扇ガスコンロまわりの大掃除です。何故なら油汚れが酷い所から始めるほうが、後々掃除がラクに感じるからなのです。

そして、このとっても頑固なガスコンロの油汚れを落とすのに欠かせないのが「重曹」です。
重曹は万能のお掃除グッズなので、キッチン以外でもどこでも使用することができるので購入しておくと重宝しますよ!

 

>>お掃除用「重曹」ラインナップをみる

 

とりあえず掃除を始める前は、手を守るためにゴム手袋を忘れずにはめましょう!

 

まずは換気扇を外し、大きめのバケツにぬるま湯を入れ、その中に重曹を溶かして漬け込みます。

そしてこの中に換気扇のフタやファンそして、コンロの五徳を入れてしまいます。そしてしばらく漬け込んでおくと、汚れがだんだんと浮きだしてくるので、後は金属タワシや歯ブラシなどを使って汚れを削ぎ落します。

重曹を使えば、大抵の汚れは簡単に落とすことができますが、あまりにも汚れが強い場合はキッチン漂白剤などを使わないと落ちない場合もあります。

>>お手頃なキッチン漂白剤ラインナップをみる

 

本当は漂白剤を使うことのないように、もう少し頻繁に掃除をしているのが好ましいんですけどね。漂白剤は最後の手段と心得ておきましょう。

 

シンク周りをキレイにする

キッチン 大掃除 順番

次はシンク周りです。こちらも重曹を使えば綺麗に掃除ができます。排水口周辺はとても汚れがひどいので基本的には素手で掃除はおすすめしません。

ゴム手袋を利用して、歯ブラシでしっかり磨き上げてください。古い歯ブラシはこういう時に大活躍してくれますから、日頃から何本か保管しておくと便利です。

 

シンクの排水溝周辺が綺麗になったら、その勢いで調理台を拭き掃除しましょう。調理台は常に油ハネがありますから、周辺はべったりと汚れているはず。

拭き掃除をする前に、普段置きっぱなしにしているものを全て重曹を溶かしたぬるま湯につけてしまいましょう。

 

そして、拭き掃除にとても便利なのがマイクロファイバークロスです。

マイクロファイバークロスは普通の雑巾と違って、紙やすりのように表面が若干ザラついているので、拭いたり磨いたりのときはとても重宝します。もちろん、拭いたモノに傷がつくことはありませんから大丈夫です!

 

>>ピカピカにできるマイクロファイバークロスをみる

 

まず、重曹を付けたマイクロファイバークロスで雑巾がけをし、最後にもう1枚のマイクロファイバークロスで乾拭きをすればステンレス製の調理台はとくにピカピカになりますよ!もちろん、蛇口もピカピカになりますよ!

 

また、どうしても換気扇やシンクの油汚れがひどくて落ちないのであれば、これがおすすめです。

Sponsored Link

かなり頑固な汚れも落とせるのでぜひ、お試しあれ!

 

食器棚もキレイにしよう

キッチン 大掃除 順番

シンク周りが綺麗になったら、食器棚の掃除に移ります。

ガラス扉のついている食器棚なら、中に入っているものが汚れていることはないと思いますので、食器棚の外側の拭き掃除だけで十分です。

しかし、扉のないオープンタイプの食器棚の場合は食器に結構汚れが飛び散ってしまっているものです。こういった場合は、同じようにぬるま湯に重曹を溶かして漬け込んでから、綺麗に洗い流してあげましょう。

ガラス扉は、別にガラスマイペットなど付けなくてもマイクロファイバークロスでこすれば、すぐにキレイになりますよ。

 

冷蔵庫だってキレイになりたい!

キッチン 大掃除 順番

さあ、次は忘れがちな冷蔵庫です。

えっ!冷蔵庫も綺麗にするの?なんて思うかもしれませんが、冷蔵庫の扉は毎日家族が何度も何度も開け閉めしますよね。知らず知らずに汚れがしっかりしみついているものなんです。なので、重曹を溶かした水をスプレーしてマイクロファイバークロスで雑巾がけをしましょう。

 

冷蔵庫の表面はこれで十分綺麗になりますが、問題は冷蔵庫の中身ですよね。

大変かとは思いますが、年に数回は一度全て冷蔵庫の中身を出しきり、冷蔵庫をからっぽにしてください。中には賞味期限切れの食材や飲み物、タッパーに入った正体不明のものなどがあるかもしれませんからね^^

そういったものを全て取捨選択し、不要なものは全て捨ててしまうのです。このような機会でもなければ冷蔵庫をすっきりさせることは難しいですよね。「迷ったら捨てる」を繰り返し、「冷蔵庫に残すもの」を決めましょう。

 

次に冷蔵庫の内部を綺麗に磨き上げます。内部の壁面や棚を重曹を溶かした水でスプレーしてマイクロファイバークロスで水拭きした後、除菌スプレーなどを吹き付けて仕上げておけばかなり清潔になります。

 

>>キッチン用除菌スプレーを選ぶ

 

冷蔵庫の中が綺麗になったら、先ほど取捨選択して決めた「冷蔵庫に残すもの」を、これを機に自分なりのルールを決めながら戻していきましょう。ここで決めたルールを今後も忠実に守っていくことで、綺麗になった冷蔵庫がこれからも保てるはずです。頑張りましょう。

ちなみに野菜類の保存は、立ったまま育った根菜類(大根やネギなど)は立てて保存したほうが長持ちして美味しくなります。

 

最後の仕上げに床磨き

キッチン 大掃除 順番

そして最後です。キッチンの床は様々なものが飛び散り、常に汚れている状態なのです。簡単には綺麗になりません。気合を入れて磨き上げていきましょう!

こここでも重曹が大活躍です。重曹を溶かした水を床に直接スプレーし、後はしっかり雑巾がけ。

これでキッチンの全てが完璧に綺麗になったはずです。年末の大掃除はもちろんですが、1年のうちに3回ぐらい(少ない?)は家族のためにも大掃除をしておきたいものですね^^

 

まとめ

キッチンの大掃除でとても大活躍してくれる用具が以下の4点です。

 

私の中では大掃除四天王と呼んでいます(笑)
この4点はどこの掃除にも使えますので、日頃から常備しておいて損はありませんよ!

それでは、しっかりとキッチンのお掃除がんばってください ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

Sponsored Link

-生活
-, ,

Copyright© コスモプレス , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.